イタリア・セリエA現地観戦ガイド

YOUR GUIDE TO SERIE A TIM

イタリア・セリエAって?

What's Serie A TIM
イタリア・セリエA SERIE A TIM

セリエA(Serie A)はイタリアのプロリーグです。

本来は単にセリエAとだけだとバレーボールなど他の競技でもある「1部リーグ」の意味ですが、イタリアにおけるサッカー(カルチョ)の影響の大きさから大体は「セリエA」=「イタリアのサッカー1部リーグ」を指します。

リーグ自体が創設されたのは1898年と歴史は古いですが、1920年代までは地域リーグの集まりにすぎず、現在のような国内統一リーグとして開催されるようになったのは1929年のこと。

いわゆるビッククラブ、中堅クラブ、地方(弱小)クラブの構造が他のリーグに比べて顕著で、イタリアに根付いているサッカーの本質とも相まって番狂わせが起きにくいリーグでもあります。

1990年代にはユヴェントスやミランが黄金時代を迎えヨーロッパ最強と言われたセリエAですが、2000年代以降は弱体化が進み、特に2006年に起きたカルチョポリ(ユヴェントスを中心とした審判買収・八百長事件)によってイメージも失墜してしまうことになります。

ユヴェントスはセリエBからの復帰後は順調に復活を遂げ、CLの舞台でも決勝トーナメントにいないことはあり得ないというレベルまで回復しているものの、2010年前後には国内で隆盛を誇っていたインテルやローマはやや下降気味、2010年代に長い眠りから目覚めたナポリも国外では成績は安定せず、ミランは国外どころか国内でも没落しすぎ、とヨーロッパの舞台ではイマイチまだパッとしていないところです。

とはいえ、イタリアの地域に根づいたサッカー文化は非常に興味深いものがあります。

特に各ダービーでの盛り上がりは凄まじく、ミラノダービー(ミランvsインテル)、ローマダービー(ローマvsラツィオ)、イタリアダービー(インテルvsユヴェントス)といったビッグクラブ同士の対決から、港町の荒くれ同士のジェノヴァ・ダービー(ジェノアvsサンプドリア)、ヴェローナの市内の一地域と市全体の戦いとなるヴェローナダービー(キエーヴォヴェローナvsエラス・ヴェローナ)など、敵対心むき出しでぶつかり合う荒々しいダービーがここにはまだたくさん残っています。

セリエAは三浦知良のジェノア在籍を皮切りに、ペルージャ・ローマなどで活躍した中田英寿をはじめ多数の日本人選手が挑戦し続けてきたリーグでもあります。2019-20シーズンはボローニャに冨安健洋、冬の移籍でサウサンプトンから吉田麻也の2人の日本代表、しかもカテナチオの国らしくディフェンダーが揃ってイタリアでプレーしています。

参加クラブは20、ホーム・アンド・アウェーの2回総当たりで全38節を行い、下位3クラブ(18〜20位)が2部リーグに相当するセリエB(Serie B)に自動降格となります。

セリエA 2020-21シーズン参加クラブ

Serie A TIM 2020-21 clubs
クラブ名 創立年 ホームタウン スタジアム

アタランタ
Atalanta Bergamasca Calcio
1907 ロンバルディア州
ベルガモ
スタディオ・アトレーティ・アッズーリ・ディターリア
Stadio Atleti Azzurri d'Italia

ベネヴェント
Benevento Calcio
1929 カンパニア州
ベネヴェント
スタディオ・チーロ・ヴィゴリート
Stadio Ciro Vigorito
ボローニャ
Bologna FC 1909
1909 エミリア・ロマーニャ州
ボローニャ
スタディオ・レナト・ダッラーラ
Stadio Renato Dall'Ara
カリアリ
Cagliari Calcio
1920 サルデーニャ州
カリアリ
サルデーニャ・アレーナ
Sardegna Arena
クロトーネ
FC Crotone
1910 カラブリア州
クロトーネ
スタディオ・エツィオ・シーダ
Stadio Ezio Scida
フィオレンティーナ
ACF Fiorentina
1926 トスカーナ州
フィレンツェ
スタディオ・コムナーレ・アルテミオ・フランキ
Stadio Comunale Artemio Franchi
ジェノア
Genoa Cricket and Football Club
1893 リグーリア州
ジェノヴァ
スタディオ・ルイジ・フェラーリス
Stadio Luigi Ferraris
エラス・ヴェローナ
Hellas Verona FC
1903 ヴェネト州
ヴェローナ
スタディオ・マルカントニオ・ベンテゴーディ
Stadio Marc'Antonio Bentegodi
インテルナツィオナーレ
FC Internazionale Milano
1908 ロンバルディア州
ミラノ
スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ(サンシーロ)
Stadio Giuseppe Meazza - San Siro
ユヴェントス
Juventus FC
1897 ピエモンテ州
トリノ
アリアンツ・スタジアム
Allianz Stadium
ラツィオ
Società Sportiva Lazio
1900 ラツィオ州
ローマ
スタディオ・オリンピコ・ディ・ローマ
Stadio Olimpico di Roma
ACミラン
Associazione Calcio Milan
1899 ロンバルディア州
ミラノ
スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ(サンシーロ)
Stadio Giuseppe Meazza - San Siro
ナポリ
Società Sportiva Calcio Napoli
1926 カンパニア州
ナポリ
スタディオ・サンパオロ
Stadio San Paolo
パルマ
Parma Calcio 1913
1913 エミリア・ロマーニャ州
パルマ
スタディオ・エンニオ・タルディーニ
Stadio Ennio Tardini
ASローマ
Associazione Sportiva Roma
1927 ラツィオ州
ローマ
スタディオ・オリンピコ・ディ・ローマ
Stadio Olimpico di Roma
サンプドリア
Unione Calcio Sampdoria
1946 リグーリア州
ジェノヴァ
スタディオ・ルイジ・フェラーリス
Stadio Luigi Ferraris
サッスオーロ
Unione Sportiva Sassuolo Calcio
1920 エミリア・ロマーニャ州
サッスオーロ
マペイ・スタジアム・チッタ・デル・トリコローレ
Mapei Stadium - Città del Tricolore
スペツィア
Spezia Calcio
1906 リグーリア州
ラ・スペツィア
スタディオ・ディーノ・マヌッツィ(※暫定)
Stadio Dino Manuzzi
トリノ
Torino FC
1906 ピエモンテ州
トリノ
スタディオ・オリンピコ・グランデ・トリノ
Stadio Olimpico Grande Torino
ウディネーゼ
Udinese Calcio
1896 フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州
ウディネ
スタディオ・フリウリ-ダチア・アレーナ
Stadio Friuri - Dacia Arena
※本来のスタジアム、スタディオ・アルベルト・ピッコがキャパシティ不足のため、暫定的にチェゼーナのスタディオ・ディーノ・マヌッツィを使用
※クラブ名と都市名など地名で表記揺れがありますが、クラブ名はオリジナルに近い音、都市名は日本で一般的な表記で掲載しています。

主なレギュレーション(2020-21シーズン)

1: ホーム・アンド・アウェー各1回の2回総当り、合計38節開催
2: 勝利で勝点3、引分で勝点1、敗北で勝点0をそれぞれ獲得
3: 順位は勝点順が優先され、同点の場合は該当クラブの直接対決の勝点差→該当クラブの直接対決の得失点差→全試合の得失点差→全試合の総得点→抽選の順で最終順位を決定
4: 最終順位1位〜4位クラブは翌年度のUEFAチャンピオンズリーグ本戦出場権獲得
5: 最終順位5位クラブは翌年度のUEFAヨーロッパリーグ本戦出場権獲得
6: 最終順位6位クラブは翌年度のUEFAカンファレンスリーグ(新設)・プレーオフ出場権獲得
7: 最終順位18位〜20位クラブは翌年度セリエB(Serie BKT)へ降格

イタリア・セリエA 2020-21シーズン注目マッチ

Featured matches in Serie A TIM 2020-21
イタリア・セリエAは当面無観客試合での開催となります。

新型コロナウイルス(COVID-19)の欧州での感染拡大に伴い、セリエAは2019-20シーズンに引き続き全試合無観客で開催となり、スタジアム観戦が不可能となっています。

イタリア・セリエAを現地観戦しよう!

Let's Go and Have Fun at Serie A TIM matches

セリエAのシーズンは原則毎年8月末に開幕し、翌年5月に閉幕します。

セリエAの開催は通常週末ですが、金曜に1〜2試合、土曜に2〜3試合、日曜にそれぞれ4〜6試合、月曜に1試合、月曜開催はなく金曜開催が増える節など、かなり変則的な日程が組まれるのが特徴。伝統的にあくまでメインは日曜開催で、金曜・土曜開催はアンティーチピ(Anticipi)、月曜開催はポスティーチピ(Posticipi)と呼ばれ区別されます。

ミッドウィーク開催も多く、その場合は火曜〜木曜に分散して開催されることが殆ど。カトリックの国イタリアだけに宗教上の祝日に影響されることもあります。

以前(特にレガ・カルチョ時代)は試合の曜日や時間が前週まで決まらないことも多く、現地観戦どころかテレビ観戦にも悩ましいところでしたが、2015年頃からはかなり早い段階で少なくともアンティーチピとポスティーチピの対象試合(=日曜開催以外の試合)は発表されるようになり、現在では2〜3ヶ月分の試合開始時間も一気に発表されることも多くなったので、観戦の計画を立てやすくはなりました。

全てのクラブがセリエAのリーグ戦とコッパ・イタリアの最低2つの大会にエントリーし、上位クラブはそれに加えて欧州カップ戦を戦うことになります。そのため、前年度上位クラブは特に前半戦は過密日程となり、後半も勝てば勝つほど日程がキツくなっていきます。

UEFAチャンピオンズリーグ開催週であれば、週末にセリエA観戦、月曜を移動日、火曜・水曜にCL観戦、という組み合わせもオススメ。

イタリア国内の移動は南北移動と北部の東西移動はイタリア国鉄(トレニタリア)の高速鉄道ネットワークがあるのでスムーズに移動可能。ミラノ〜ローマ間でも2時間台で移動できるようになりました。

中部〜南部にかけての東西移動は鉄道・バスともに使いづらく、ボローニャから分岐して南東へ進みバーリ方面へ抜けるか、ナポリから横断するかの2通りしかなく、この2ルートとも高速化されていないので時間が非常にかかります。

南部全域はナポリから西海岸沿い(シチリアへ繋がるルート)は比較的速い移動は可能ですが、それ以外の地域は交通網が非常に貧弱です。

シチリア島、サルデーニャ島へは本土の空港から飛行機で飛ぶのがオススメですが、シチリアは夜行列車も多くあるのでローマやナポリから列車で向かうことも可能。

お問い合わせ・見積依頼はこちらから

大会・リーグ別観戦ガイド

リーガ・エスパニョーラ

ラ・リーガLA LIGA Santander

プレミアリーグ

プレミアリーグPREMIER LEAGUE

セリエA

セリエASERIE A TIM

ブンデスリーガ

ブンデスリーガBUNDESLIGA

その他の国内リーグ・大会

その他の国内リーグ・大会Other Competitions

UEFAチャンピオンズリーグ

UEFAチャンピオンズリーグUEFA CHAMPIONS LEAGUE

欧州選手権 UEFA EURO2020

欧州選手権2020UEFA EURO2020

イタリア・セリエA観戦旅行の相談・見積り依頼はこちらから